IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

ニュークリエイター

ロボコンから少年アニメの夢を実現

スケルトニクス

人が乗って動くことのできるロボットをつくる。そんな少年アニメのような夢を実現させたのが、チームスケルトニクスによる搭乗型外骨格「スケルトニクス」だ。

01 搭乗型外骨格「スケルトニクス」
スケルトニクスとは「骨格(スケルトン)」と「構造(メカニクス)」を組み合わせた造語。人間の骨格に合わせて設計されており、人力のみで動く。

「自分が乗りたいもの」を開発する

モーターなどの動力は使用せず、腕や足の動きに追従して動くリンク機構を用いることで、人の動作を拡大する。「スケルトニクス」は、人体では表現できないダイナミックな動きをする可能にしたロボットだ。

チームのメンバーは白久レイエス樹さん、阿嘉倫大さん、中野桂樹さんの3人。当時、沖縄高専の学生であり、2008年のロボットコンテスト「高専ロボコン」で全国優勝したメンバーだ。ロボコン終了後に、その経験を生かして「次は自分たちが純粋につくりたいロボットをつくろう」と10年の夏に開発をスタート。アイデアなどはロボコンを通して学んだことを生かし、わずか6カ月で第一号機を完成させた。

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュークリエイター の記事一覧

ロボコンから少年アニメの夢を実現(この記事です)
CGを素材として生かし、アナログ感あるモーショングラフィックスを制作
会議や講演をグラフィックで記録し、発信する―Tokyo Graphic Recorder
くるり新曲「Remember me」のMVは、消しカスを利用したアニメーション
あらゆる素材とコラボする、注目のコラージュ作家

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る